f0165698_0295485.jpg

花凛堂さんレシピの薬膳煮卵の残った煮汁で
昨夜は豚肩ロースを煮込みました。
普通の煮汁だと、つい甘すぎたり濃すぎたりしてしまいがちですが
当帰と益母草の苦みが紅茶で煮たようなスッキリ感が出て、
とっても美味しかったです。
肩ロースの塊は、塩こしょうして常温でしばらくおいた後、
白ネギの青いところと生姜一片、あればセロリの葉を入れ、水から下茹でします。
煮立ってから弱火にして30分以上コトコト。
中まで火が通ったら、薬膳煮卵の煮汁(酒、にんにく、しょうゆで味付けしてます)に
こちらでも白ネギの青いところと、生姜うすぎり、酒、、砂糖、みりん、しょうゆで
再度味付けし30分以上弱火で煮込みます。
できあがったら食べやすいように、そぎ切りして白髪ネギを天盛りし、
芥子をつけながら食べると味が引き締まって美味しいです。
箸休めに添えたほうれん草はこの時期は甘みがあるので、
何もつけずに素材の味を楽しみました。

器は土井善夫さんの7.5寸平皿
[PR]
by sizuku-namidano | 2011-01-14 16:18 | オイシイモノ
f0165698_10134744.gif

年に3回は黒姫高原を訪れるのですが、いつもは「韃靼そば茶」。初めて「どくだみ茶」を飲んでみました。
f0165698_10141425.gif
昨年にはこの黒姫和漢薬研究所にチャールズ皇太子も来られたとか。信濃町にある「アファンの森」訪問の際に立ち寄ったそうです。この茶を飲まれたかどうかはわかりませんけどね、。
こちらの「どくだみ茶」は、とってもマイルドで飲みやすい味。ドクダミ・ハブ茶・ハトムギ・クマザサ・甘茶・ヨモギ・ツユクサ・ほうじ茶 の8種類が配合されています。体に良さそうだし、お肌にも良さそう。
f0165698_10143174.gif
リーフでお茶をいれるときは、いつも萩焼の急須で。いいかんじに貫入に茶渋が入ってきました。おやつはお茶つながりでブルボンの「抹茶のモンブラン」。けっこう美味しくてびっくり。また買ってしまいそう。
f0165698_10144832.gif
f0165698_10152336.gif

黒姫和漢薬研究所
[PR]
by sizuku-namidano | 2009-05-21 10:25 | オキニイリ
f0165698_12154294.jpg

あぅ。恥ずかしいのであるが、恥ずかしければ載せるなともいう(笑)

久しぶりにパウンドケーキを焼いたら、真ん中が膨らみませんでした(泣)
でも、ブルーベリーの蜂蜜漬けと、クルミの取り合わせはグッジョブです!
ブルーベリーは、もっとしっかり煮詰めた方が良かったかな。

この日のお茶は、大阪北堀江の漢方カフェ「花凛堂」さんで
ブレンドしていただいたカウンセリング漢方茶で。

花凛堂さんについて
[PR]
by sizuku-namidano | 2009-03-07 12:39 | オイシイモノ
f0165698_1550382.jpg

生姜やにんにく、ネギを使って。
鶏もも肉と白菜の杏仁入りスープ。
味付けは、塩とお酒のみであっさりと。人参とモヤシも入れました。
杏仁は中医学の五臓で「肺」に良いとされる生薬です。
秋に積極的に肺に良い食材や生薬を取り入れることで、
寒い冬を乗り切れる体をつくっていくことが望ましいとされています。

煮卵は、女性の生理機能に働くとされる益母草と当帰の煎じ汁で。
薬膳教室で教えていただいた煎じ汁に、ゆで卵を入れて30分とろ火で煮込みます。
皮付きのにんにく、お酒、醤油の味付けで。

煮卵の煮汁とにんにくを使って、豚肩ロース煮。
香味野菜で下茹でした肩ロース肉を、
煮汁とにんにく、生姜、ネギ、醤油と黒糖の味付けで。
白粥のトッピングにしてみました。
白い砂糖は、若干体を冷やすとされていますが、黒糖は体を温めると言われています。
わたしは、素材の風味を生かせる範囲で、黒糖を使うようにしています。
f0165698_15511564.jpg
f0165698_15513562.jpg

[PR]
by sizuku-namidano | 2008-10-30 16:04 | オイシイモノ
f0165698_9583529.jpg

薬膳講習会で教えて頂いたものをアレンジして。
乾燥白キクラゲの水戻ししたものと、茹でこぼして柔らかくしたハスの実を
ミルクとはちみつで、軽く煮て冷やしました。
はちみつはイタリア製で、シトラスからできたもの。
ミントの香りで、さらにスッキリした風味になりました。
薬膳効能としては、白キクラゲは肺、腎に帰経し、体の潤いを補ってくれる美容にも良い食材です。
ハスの実は、脾、腎、心に帰経し、精神を安定させ不眠に良いとされる食材です。
どちらも胃腸の働きをよくしてくれるので、(ハスの実は下痢止めに、白キクラゲは唾液をうながし、胃を補養する)夏に疲れた胃腸に良いのではないでしょうか。
(多食は、消化不良にもつながりますので、ほどほどに)
f0165698_959433.jpg

[PR]
by sizuku-namidano | 2008-08-11 10:25 | オイシイモノ
f0165698_10272245.jpg

薬膳教室で教えていただいたレシピをアレンジして。

竜眼を使った夏野菜のマリネ
グリルで軽く焦げ目がつくように焼いた野菜をマリネ液に漬け込みます。
マリネ液は、オリーブオイル、煮切った白ワイン、オレンジ果汁と実、白ワインビネガー、塩、白胡椒。
ここに、気分の落ち込みに良いとされる竜眼(ロンガン)の実を入れておきます。
竜眼は、プルーンなどの干した果実に似た味で、すごく美味しいです。
あると思ったレモンが傷んでいた(悲)ので、オレンジと白ワインビネガーを代用しました。
白ワインもアルコール分を飛ばして、柔らかい味に。

野菜は、パプリカ、茄子、ズッキーニ。
セロリは生のまま、薄くスライスして。
[PR]
by sizuku-namidano | 2008-06-13 10:41 | オイシイモノ