f0165698_1472050.jpg

スライスして水気を拭いた椎茸や、水に晒して灰汁抜きした茄子の輪切りを天日に干すだけで。
f0165698_147873.jpg
f0165698_14826.jpg
ピザのトッピングにそのまま使えてヘルシー&省エネ。
f0165698_1482267.jpg
椎茸のピザは、チーズとアンチョビを。
f0165698_1483653.jpg
茄子のピザは、手作りトマトソースに干し茄子、チーズ、自家製ベーコン、プチトマトを乗せて。
ピザを乗せているのは、SHOPで大人気のクーラーディッシュ。丸いタイプもあります。
f0165698_1485581.jpg
水で割ったレモネードですが、暖かくなってきたら炭酸水でレモンスカッシュもいいかも。
グラスはSHOPでお取り扱いしている天霧ガラス工房さんの端反りグラス

庭に植えている月桂樹の葉も天日干し。
市販の乾燥機に入れたものより甘い香りが残ります。
葉脈が生命を感じさせます。
f0165698_1493474.jpg

[PR]
by sizuku-namidano | 2011-04-07 14:16 | オイシイモノ
f0165698_16381289.jpg

イタリア食材、「乾燥ポルチーニ」を使うだけでいつものパスタが
ぐぐっとリストランテの味に近づきます。

今回は生のタリアテッレを使って、より本格派を目指します。
生パスタはゆであがり時間が早いので、
ソースができあがってから茹で始めるべし。
<ソースの作り方(2人分)>
フライパンにバター10gとオリーブオイル10gを入れて弱火にかけ、
温まってバターが溶け始めたら、タマネギみじん切り(小1/2個)を
タマネギのツンとする匂いがなくなるまで焦がさないようにじっくり炒める(弱火)
エリンギの1/8縦割りと小房に分けた舞茸(大人の手でガシっとふたつかみ)を入れ、
炒め合わせる。軽く塩こしょうで下味をつける。
水で戻しておいた乾燥ポルチーニの粗みじんも加えてさっと混ぜ合わせてすぐに生クリーム(乳脂肪35パーセント1カップ)入れる。
中火でフライパンの端の生クリームがぷくぷくしてきたら弱火にし、残しておいたポルチーニの戻し汁を加え、塩で味を整える。パスタの茹で汁塩分も考慮して、少し淡めに。
とろみがでてきたら火を止め、パスタを茹で始める。
パスタが茹で上がったらソースと混ぜ合わせ、味をみて塩加減調節する。(中火)
ソースとパスタが馴染んだらできあがり。
器に盛りつけて粗挽き黒こしょうをかけて召し上がれ。

器は黒木泰等さんの飴釉中鉢(約6寸)
淡い食材がひきしまるこっくりとした色合いです。
[PR]
by sizuku-namidano | 2011-03-26 17:07 | オイシイモノ
f0165698_022212.jpg
この時期がどんなに寒くても我慢できるのは、この「縮みほうれん草」のおかげかも。肉厚で甘みが強く、めちゃくちゃおいしいほうれん草です。でも、根元近くはかなり砂を抱き込んでいることが多くて、けっこう手間のかかるヤツなんですが(汗
自家製ベーコンとソテーしてグラタン皿へ入れ、真ん中にくぼみをつけてポチョンと卵を落としてオーブンへ。仕上げにパルメザンと黒胡椒をかけると、ご馳走のできあがり。この日の別メニューは、クリームシチューと頂き物の「地蔵家」のパンの端っこをトーストして。
f0165698_022979.jpg
f0165698_0221871.jpg

器は、清岡幸道さんグラタンボウルクーラーディッシュ、私物の藤塚光男さん印判手花紋づくし。
[PR]
by sizuku-namidano | 2011-02-03 00:35 | オイシイモノ
f0165698_21541839.jpg

朝食で食べたミネストローネが中途半端に残ったので、なんちゃって焼リゾットを昼ご飯に。
使用するのは清岡さんの中サイズの耐火フライパン。
このフライパンは陶器でできているため、強火は厳禁。空焚きも厳禁。
中弱火か弱火で使用します。
まずミネストローネを温め、グツグツしてきたら冷やご飯も入れて温めます。
たえずかき混ぜながら、水気がなくなったら火を止め
粉チーズ(できればパルメザン)を大さじ1杯入れてよくかき混ぜてできあがり。
パセリと粗挽き黒胡椒を散らしていただきます。
茹でたブロッコリーも残っていたので乗せてしまいました(汗
なんか盛りつけが変になっちゃいましたけど、
栄養バランスがいいということでヨシとします(滝汗

清岡幸道さんの陶器のフライパンはコチラでいろんなタイプをご紹介しています。
[PR]
by sizuku-namidano | 2010-12-27 22:03 | オイシイモノ
f0165698_1173139.jpg


暑くなったり寒くなったり。
この日の前日は少し寒くて。
クリームシチューを作ってみました。
いつもは鶏もも肉で濃厚味のシチューを作るのですが、
春なんでクリーム風味は少しあっさりめに。
そのかわりベーコンでコクを出しました。
翌日にはご飯にぶっかけてドリアにしましたが、
いつもクリームシチューで白ごはんドリアにすると、
味がはっきりしないというか、もっさりした味に  (- -;
なので、白ご飯にはバターひとかけらと醤油をくるっとひと回し。
シチューとチーズを乗せてオーブンへ。
そして、以前長野のサンクゼールで「フランス七味」なるものを
買っていたので試してみました。
これが、すっごい好みの味でびっくり。
唐辛子とガーリック、塩、醤油がベースで、
あとはハーブ類がいろいろ入ってます。
生野菜や温野菜にも合いそうなので、
これでワシワシとどんどん野菜をいただこうと思います。


f0165698_1173936.gif

[PR]
by sizuku-namidano | 2010-05-12 11:18 | オイシイモノ
f0165698_1195019.jpg

減農薬で栽培された美味しい蕪。
かじかんでしまった体と心にじんわりと染み込む味にしてみました。

大きな蕪だと1/2を乱切りにする。長芋は蕪の1/4量くらいを短冊に切る。
ベーコンは1cm幅に切ってしっかりとカリカリになるまで炒める。
ベーコンはキッチンペーパーに揚げておく。
ベーコンの油で蕪と長芋を透き通るまで炒める。
ひたひたにブロード(スープストック)を加え、コトコトと柔らかくなるまで煮る。
煮上がったらあら熱をとり、フードプロセッサかミキサーで撹拌する。
鍋にうつして甘くなるまで煮る。牛乳を50cc加えて沸騰寸前で火を止める。
味をみて塩をし、器にうつして新鮮なオリーブオイル、ベーコン、パセリ、黒胡椒を散らす。
最後に美味しい塩を少量ふる。

f0165698_11202429.gif


「食堂かたつむり」という映画を見てきました。
[PR]
by sizuku-namidano | 2010-02-12 11:26 | オイシイモノ


f0165698_1051069.jpg長芋と桜えびだけでクリームコロッケ風のグラタンに。
丸めて衣を付けたり、揚げるのが面倒だったというのは
家族に内緒ですw

サラダ油で良い香りが出るくらいに桜えびを炒めたら、短冊に切った長芋を加えます。
半透明になってきたら生クリームを加えて煮詰めます。
塩こしょうで味を整えたら、グラタン皿に盛り、
ソースが隠れるくらいにタップリとパン粉を乗せます。
オーブントースターでいいかんじに焦げ目がついたら出来上がり。
少し焦げちゃいましたが(汗
焦げそうになったら途中でアルミホイルをかぶせましょう。

この日は、帆立の蕪蒸しも作ったのですが、
ちょっと卵白をケチりすぎて、うまく固まりませんでした(泣
味は美味しかったので、またリベンジします。蕪のおいしい季節のうちに。
[PR]
by sizuku-namidano | 2010-02-10 10:57 | オイシイモノ
f0165698_10115936.gif

蕪のおいしい季節ですね。
甘い長葱と一緒にグラタンにしてみました。
この日は、お魚料理やベーコンのパスタも食べたので、
肉気を入れませんでしたが、タラやハムなどを入れてもいいかもしれません。
私はこのままでもすごく美味しかたんだけど、男性には少し物足りないかも。

皮を厚めにむいた蕪をくし切りにして、薄切りにした長葱と一緒に炒めます。
塩こしょうで下味をつけます。
私はオリーブオイルで炒めましたが、バターにしてもいいと思います。
蕪の表面が半透明になって、長葱がクッタリトロトロになってきたら
ブロードを少なめのひたひたになる程度入れて煮立たせます。
手作りのブロードやスープストックがなければ、
市販のブイヨンを薄めに溶いて入れてもいいですが、
時間はかかるけど、手作りのスープだと味が格別に美味しくなります。
スープがほとんど蒸発してきたら、生クリームを入れて軽く煮て、
味をみて塩で整えます。
グラタン皿に入れ、パン粉、パルメザンチーズをふりかけ、
オーブンかオーブントースターで焼き目がつくまで。
私はパン粉をオリーブオイルとにんにく、パセリを入れて軽く炒った物を使いました。

f0165698_10284965.gifこの日は、他にタラのソテーのラビゴットソースと、
にんにくと白ワイン風味の芽キャベツとベーコンのスパゲティを。
スパゲティにも炒りパン粉を入れましたが、
味がまとまるような気がして、私はすっかり炒りパン粉が気に入っちゃいました。
f0165698_1028586.jpg
[PR]
by sizuku-namidano | 2010-02-01 10:31 | オイシイモノ
f0165698_14212421.gif

ほっこり温まるメニューが恋しくなりますね。
豚挽肉でミートボールを作って、白菜と煮込みました。
和風でも美味しいんだけど、この日はオムライスだったので
生クリームで洋風に。

白菜とミートボールのクリーム煮
厚手の鍋でまずミートボールに焼き目をつけます。
ミートボールの種は、豚挽肉、玉葱みじん切り、余っていた卵白、パセリみじん切り、塩こしょう、片栗粉です。
片面焼いてひっくり返したら、玉葱の薄切りとざく切りにした白菜を加え、軽く塩こしょう。
水をひたひたに加え、コンソメブイヨンも入れて
蓋をして蒸し煮します。
こんなとき、ストウブの鍋は秀逸。
少ない水分でも、焦げ付かずにしっかり中まで火がとおります。
火がとおったら、牛乳と生クリームを加え、一煮立ちしたらできあがり。
最後に塩で味をととのえて食べる前に黒胡椒をかけて。

サラダは長芋と水菜、スモークサーモンの柚子胡椒ドレッシングで。
塩ポン酢に柚子胡椒を混ぜるだけ(笑)
最近サラダは手抜きですね〜。
f0165698_14214234.gif

[PR]
by sizuku-namidano | 2009-10-24 14:35 | オイシイモノ
f0165698_11321433.gif

以前黄色いズッキーニを食べてから、農産物直売所に出向くと必ずチェックしていました。
そして、ようやくゲット。
でも、なんとなくマダラに緑が入っていたりして、これはハーフなんかしら?
それと、初めて見かけたイタリア茄子!
ネットで調べると「リスターダ・デ・ガンディア」という品種らしいです。
千両茄子よりも実が柔らかく、とろーっとした感じでした。
秋刀魚の香草パン粉焼きにオリーブオイルで焼いて添えました。
黄色いズッキーニは以前作ったレモンバターソースのパスタで。
f0165698_1137965.gif
f0165698_11371913.gif

[PR]
by sizuku-namidano | 2009-08-03 11:39 | オイシイモノ