「ほっ」と。キャンペーン

タグ:おかず ( 24 ) タグの人気記事

f0165698_2149359.gif

以前にもご紹介したことがありますが、
今回は薄揚げを入れずにあっさりめに仕上げました。
その代わり、出汁はしっかりめにとってコクのある味わいに。
今回も打ち豆をさっと洗ったあと、5分ほどひたひたの水に漬けてから調理しました。
そのまま、出汁で煮込んでもいいらしいですが、なんとなく。
打ち豆を漬けた水の上から、芽ひじき、出汁、酒、みりん、醤油を入れて、
あとは煮るだけです。
煮汁がほとんどなくなったら、できあがり。

レシピとは言えないような内容で、すみません。
でも、ご紹介せずにはいられないほど、
手軽で簡単でおいしいのです。
そしてタンパク質などの栄養価も高いうえ、女性に嬉しいイソフラボンと鉄分。
アンド食物繊維。
お砂糖は入れないので糖分が気になる向きにも、
おすすめです。

私の打ち豆との出会いは、新潟の郷土料理ののっぺ。
その後、お友達の家で食材を物色(笑)させてもらったときに
乾燥状態の打ち豆を見て、軽いカルチャーショックを受ける。
それ以来、各地の食材を取り扱うようなお店やデパートに行くと、
必ず豆コーナーに立ち寄り、買うようになりました。
「打ち豆普及委員会」でも作りたいくらいの勢いです。
ただし、会をまとめる能力は皆無です。
おいしいレシピをご存知の方、教えていただけると幸いです♪

器は川口武亮さんの刷毛目小皿
小皿といいつつも、少しくぼんでいるので、
こういった豆料理や、切り干し大根などのお惣菜の取り分けにもいい感じです。
[PR]
by sizuku-namidano | 2011-04-17 22:22 | オイシイモノ
f0165698_1622299.jpg


あかしの魚笑」を使ったレシピをアップしようと思っていたら、いい具合に半端な残り野菜が冷蔵庫に(笑
いつもはごま油と塩のみか、鶏ガラスープの素を使っていたのですが、魚醤の旨味で味わい深いナムルができました。
人参は水から茹で、湧いてきたらピーマンを入れて透き通ってきたら
モヤシを入れ再沸騰したら湯をザルで切ります。
湯がなくなった熱い鍋に野菜を戻し入れ、ごま油と「あかしの魚笑」を入れたら
素早く優しくかき混ぜます。
水分と油が乳化して白っぽくなったら金胡麻を入れて軽くかき混ぜたらできあがり。
器に移し入れたら味が馴染むまでしばらくおくと、さらに美味しくなります。
魚醤は控えめに入れてもじゅうぶんおいしいです。
物足りなさを感じたら、塩で加減してくださいね。


器は黒木泰等さんの飴釉中鉢(約6寸)
頼りになる中鉢です。
[PR]
by sizuku-namidano | 2011-04-06 16:45 | オイシイモノ
f0165698_14273495.jpg
オカズデザインさんの「豚ごはん」を眺めていると、どれもこれも食べたくなってきて、先日の夕飯は「生姜焼き」に。
レシピのタマネギみじん切りをくし切りに変えて作ってみました。
当然のごとくご飯はおかわりをいただきました(笑)

器は土井善夫さんの緑白釉7.5寸のリム皿
定食風おかずに重宝しまくり。
シミになりにくく軽くて丈夫です。
[PR]
by sizuku-namidano | 2011-01-27 16:02 | オイシイモノ
f0165698_16594964.jpgオカズデザインさんの「豚ごはん」に載っていた紙カツを作ってみました。豚フィレ肉が一口カツ用だったので、千代紙ほどの大きさの紙カツになってしまいましたが(汗)。細かいパン粉がなく柔らかい生パン粉しかなかったので、ザルでこして細かくするのが結構大変でしたが、苦労の甲斐があってサクサクのカツになりましたよ。サラダは菜の花とエリンギ、鰯の三枚卸をそれぞれオリーブオイルで軽く焦げ目がつくまでフライパンで焼きました。ほろ苦さが春の味。それぞれの味付けは菜の花は塩のみ、エリンギは塩こしょう、鰯はハーブソルトで。ドレッシングは手軽にタマネギドレッシングで。ソースはさらっとした甘みと控えめな酸味がおいしいオジカウスターソースで。

f0165698_17215290.jpg
f0165698_1722626.jpg


器は私物の古谷浩一さんの粉引ボウルと、クーラーディッシュSサイズ
[PR]
by sizuku-namidano | 2011-01-25 17:26 | オイシイモノ
f0165698_2154935.jpg

久しぶりの記事だと思ったら、またセロリだわ、と思われそうだが、
正直しょっちゅうセロリを食べています。
体が欲しているのか、とっても大好きになってしまったセロリくん。
昔は嫌いだったんですけどね〜。
でも、いまだに好きになれないのが、セロリの筋むき。
きれいにツーっと最後まで剝けると、スッキリ♪なんですが、
途中でプチっと切れたときの残念な気持ちといったら。
そのうえ、そのプチっのときにペチっとセロリの汁が顔に飛ぶんですよね、必ず。
あんまり毎度のことなので、最近は1/10の確率でよけれるようになりました。(低っ
って、なんて無駄な運動してるんでしょう、この猛暑にw

えっと、作り方です(汗
ブラックタイガーは殻をむき、背に包丁を入れてわたをとり、塩水で洗う。
ペーパーで水気を切ったら生姜汁、酒、塩で下味をつける。
セロリは茎の部分を厚めのそぎ切りに。筋はできれば取り除いてwもしくはピーラーで皮をむく。
まず下味の汁を軽く切った海老を胡麻油で炒める。
中心がレアな状態でいったん引き上げる。
そのままのフライパンでじっくりセロリを炒める。
透明になって来たら少々の塩をしたら海老を戻し、
すし酢、魚醤(なければ醤油)で味付けする。
酢のすっぱい匂いが飛んだらできあがり。
イタリアンパセリやパクチーなどがあれば彩りに。
うちは切らしてたので、金胡麻を。
あら熱がとれたら、冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいです。
なんせセロリなら何でもおいしい今の私ですw
[PR]
by sizuku-namidano | 2010-07-31 02:36 | オイシイモノ
f0165698_10374881.jpg

ある日の昼ご飯。全部残り物という見事なラインナップです(汗
打ち豆ひじき煮とほうれん草の和え物は、
大豆の代わりに素早く戻せる「打ち豆」で。
打ち豆とは、大豆をぺしゃんこにして乾燥させた北陸地方の保存食。
ひじきと同じくらいの時間で水戻しできるので重宝です。
さっとサラダ油で炒りつけて水分を飛ばし、
薄揚げと一緒に出汁、酒、みりん、砂糖、醤油で味付けして煮るだけ。
昨夜の残りのほうれん草のお浸しに少しだけ醤油を垂らして絞り、和えました。

他の残りモンは、煮卵、かぼちゃの土佐煮、茄子の煮浸し。
頂き物の自家製実山椒は、ご飯に乗せて。
[PR]
by sizuku-namidano | 2010-06-10 10:47 | オイシイモノ
f0165698_10503282.jpg

豚バラ肉の薄切りと玉葱薄切り、長芋短冊切りを炒めるだけという手順簡単な料理。
なのに、手をかけた風の立派なおかずになるのは、白醤油のおかげかも。
味つけは塩、酒、白醤油の順番に。
惣菜は、お豆さん入り出汁巻き、切り干し大根の炊いたん、ほうれん草の白和え。
さっそく「ロカの定食」を参考にさせていただきました。

器は岡田直人さんの白磁切り立ち皿と、二川修さん6寸皿。
f0165698_10502328.jpg

[PR]
by sizuku-namidano | 2010-06-01 11:00 | オイシイモノ
f0165698_11303776.jpg

某メーカーにちなんで(笑)
少しだけ手間をかけてやれば、大豆はこんなに美味しくなってくれるんですね。
豆の味がしっかりとする甘過ぎないお豆さんができました。

大豆(1カップ150g)は前の晩に洗って多めの水につけておく。
今の時期なら8時間以上。寒いときはもっと長く。
翌日、圧力鍋に大豆と水を入れて昆布を(10cmくらい)2枚入れ、蒸気が出始めて弱火にしてから7分〜10分。
(2段階つきなら強で)
水の量は大豆の表面から5cmくらい上になるまで。
鍋全体の半分以上には入れない。
7分〜10分たったら自然冷却。私は5時間出かけていました(汗
蒸気弁をゆるめて蓋を開けたら、昆布は取り出して1,5cm角にはさみでカット。
大豆は茹で汁ごとボウルにザルに乗せてあける。茹で汁は2カップ分取っておく。
はがれている皮があれば取り除く。
大豆と茹で汁、昆布を再び圧力鍋に戻し、
酒大さじ2、醤油大さじ2、みりん大さじ1、砂糖大さじ1
を入れて、今度は弱い方に合わせて蒸気が出てから5分。
火を止めたらこちらも自然放冷。
蓋に触れるくらい冷めたら、蓋をはずして煮汁にとろみがつくまで弱火で煮詰める。
味見をしながら適宜、砂糖醤油の加減をする。
冷蔵庫で1週間くらい保存できる(自己責任)

More
[PR]
by sizuku-namidano | 2010-05-24 11:57 | オイシイモノ
f0165698_11293340.jpg


夕食がほぼ出来上がった頃に、土付き筍を頂く。
嬉しいんだけど、洗い物がたんまりなところへ、下茹で作業はキツかった(汗
糠を入れて茹でて一晩漬けおき、翌日再度茹でこぼして調理に。
画像は、薄めに切ってしっかりした味付けが美味しい甘辛炒め。
サラダ油で透き通るまで炒めたら桜海老と酒、みりん、白醤油で味付け。
ご飯やお酒がすすみます。
筍ご飯用には、気持ち甘み強めで下味を。出汁のほうはあっさり仕上げに。

f0165698_11294699.gif
これは、先日の手作り豆腐のおからで。
ごぼう、人参、あぶらあげ、たけのこ、大葉が入っています。
f0165698_11295439.gif
最後の豆腐は厚揚げに。旨かった〜。
f0165698_113041.gif
先日ようやく完熟?した米麹さんで、サーモンと帆立の麹漬け。
サーモンは脂が乗り過ぎで、味が浸透しにくかったみたい(汗
帆立は臭みが消えて、塩麹さんグッジョブ!
淡白な味の素材の方が合いそう。
f0165698_11301773.gif
土鍋で炊いた筍ご飯。具は油揚げと筍のみでシンプルに。二人で2合食べきりました。

[PR]
by sizuku-namidano | 2010-04-20 11:50 | オイシイモノ
f0165698_21265991.jpg

なんという料理名にしようか、ずいぶん悩みました。
悩むほどのことじゃないんですけどね(笑

いつもは砂糖と醤油で煮るんですが、前に作った日向夏のマーマレードが中途半端に残っていまして。
そう、皮の部分だけが残っていたのが冷蔵庫で佇んでいはったのです。
で、救済レシピを考えてみました。
分量は適当なんですが、なんとなく美味しくできました。
水に晒してアクとぬめりを取った一口大のサツマ芋を、
ひたひたの水と三温糖、ほんの少しの塩、で煮立たせます。
煮立ったら日向夏マーマレードも放り込んで落としぶた。
弱火で汁気がなくなるまで、コトコトと煮詰めました。
コレって、市販のマーマレードや柚子茶でもできるかも?
[PR]
by sizuku-namidano | 2010-04-09 21:35 | オイシイモノ