「ほっ」と。キャンペーン
f0165698_2084381.jpg
どうしてもどうしても。パスタが食べたくなって、ちゃちゃっと営業中に作ってしまいました。味付けは無印良品の「からすみのペペロンチノ」で手抜き(笑)ほうれん草のお浸しとツナは昨夜の残りです。。
でもでも、本当においしかった〜。お腹減り過ぎ(3時半)ていたからかもしれませんが。。
先日見たテレビ番組で、パスタを茹でるときのコツを放送していて、そのとおりにしたのですが、やっぱり慣れた方法が一番ですね。
麺を入れたらすぐに再沸騰するまで蓋をするとのことですが、案の定ふきこぼしてしまいました(泣)
でも、美味しかったからいいんです。コンロはガラストップになって拭き取りはラクになったし。

器は池田優子さんの2色グレーUFOボウルの大きいサイズ。
お店では2色白マットのUFOボウル大と、グレーの小を販売しています。→コチラ
どれに盛りつけよう、と器選びをすると、かなりの高確率でこのボウルを選んでしまう私。
特にサラダやかぼちゃの煮物などに高相性です。
[PR]
# by sizuku-namidano | 2011-02-18 20:19 | オイシイモノ
f0165698_13512178.jpg
鶏モモ肉と白ネギの薄切りを炒めてポン酢醤油を回しかけてジュっといわせました。モヤシとニラもあったので投入。モヤシとニラはサッと熱湯で湯通ししてから炒め合わせると、水分が出過ぎてビショビショになるのを防げまず。鶏モモ肉は、そぎ切りにしたあと塩こしょうとお酒をふりかけておくと、柔らかくなって臭みも消してくれます。
器は私物の黒木泰等さんの灰釉の中サイズの鉢。お店では同じデザインの小鉢を扱わせていただいています。
[PR]
# by sizuku-namidano | 2011-02-05 14:01
f0165698_022212.jpg
この時期がどんなに寒くても我慢できるのは、この「縮みほうれん草」のおかげかも。肉厚で甘みが強く、めちゃくちゃおいしいほうれん草です。でも、根元近くはかなり砂を抱き込んでいることが多くて、けっこう手間のかかるヤツなんですが(汗
自家製ベーコンとソテーしてグラタン皿へ入れ、真ん中にくぼみをつけてポチョンと卵を落としてオーブンへ。仕上げにパルメザンと黒胡椒をかけると、ご馳走のできあがり。この日の別メニューは、クリームシチューと頂き物の「地蔵家」のパンの端っこをトーストして。
f0165698_022979.jpg
f0165698_0221871.jpg

器は、清岡幸道さんグラタンボウルクーラーディッシュ、私物の藤塚光男さん印判手花紋づくし。
[PR]
# by sizuku-namidano | 2011-02-03 00:35 | オイシイモノ
f0165698_14273495.jpg
オカズデザインさんの「豚ごはん」を眺めていると、どれもこれも食べたくなってきて、先日の夕飯は「生姜焼き」に。
レシピのタマネギみじん切りをくし切りに変えて作ってみました。
当然のごとくご飯はおかわりをいただきました(笑)

器は土井善夫さんの緑白釉7.5寸のリム皿
定食風おかずに重宝しまくり。
シミになりにくく軽くて丈夫です。
[PR]
# by sizuku-namidano | 2011-01-27 16:02 | オイシイモノ
f0165698_16594964.jpgオカズデザインさんの「豚ごはん」に載っていた紙カツを作ってみました。豚フィレ肉が一口カツ用だったので、千代紙ほどの大きさの紙カツになってしまいましたが(汗)。細かいパン粉がなく柔らかい生パン粉しかなかったので、ザルでこして細かくするのが結構大変でしたが、苦労の甲斐があってサクサクのカツになりましたよ。サラダは菜の花とエリンギ、鰯の三枚卸をそれぞれオリーブオイルで軽く焦げ目がつくまでフライパンで焼きました。ほろ苦さが春の味。それぞれの味付けは菜の花は塩のみ、エリンギは塩こしょう、鰯はハーブソルトで。ドレッシングは手軽にタマネギドレッシングで。ソースはさらっとした甘みと控えめな酸味がおいしいオジカウスターソースで。

f0165698_17215290.jpg
f0165698_1722626.jpg


器は私物の古谷浩一さんの粉引ボウルと、クーラーディッシュSサイズ
[PR]
# by sizuku-namidano | 2011-01-25 17:26 | オイシイモノ