「ほっ」と。キャンペーン
タケノコのイタリアン木の芽和え  下茹でした筍を薄いコンソメで煮て、あら熱とれたらバジルペースとで和える。または、生バジルをすりおろしシーザードレッシングと一緒に和える。
麻婆タケノコ
タケノコカラスミペペロンチノ 無印良品のんで
タケノコとハムのクリームグラタン
タケノコ入り鶏肉団子の和風スープ
タケノコ肉味噌田楽
[PR]
f0165698_1330799.jpg

お昼ご飯は、しょっちゅう丼を食べます。
手軽だし、手早く食べれるし、栄養もまとめて摂れるし。
今回は、爽やかさも取り入れたくて、sizuku大好きセロリも一緒に炒めました。
余っていたニラとモヤシも投入(笑)
味付けは酒、砂糖、塩こしょうと醤油。
茄子に火が通ってから、牛肉を入れて7分目ほど焼けたら
斜め薄切りセロリも加えてさらに炒めます。
モヤシやニラをいれる場合は一番最後に。
砂糖はお肉めがけて振り入れ、酒もその上にかけるようにします。
アルコールが飛んだら、塩こしょうと醤油で好みの味の濃さに。
七味をぱらりとかけると、断然美味しくなります。
お試しくださいね〜。

器は私物の黒木泰等さん。
SHOPでは、軽くて丈夫な丼鉢や、小鉢なども扱っています。
[PR]
# by sizuku-namidano | 2011-03-25 13:40 | オイシイモノ
f0165698_17353320.jpg


東日本大震災にて、被害に遭われた全ての方に心よりお見舞い申し上げます。

日を追うごとに目を覆うばかりの災害の大きさにとまどい、
なすすべもなく心を痛めるぐらいしかできない自分にもどかしい思いをしています。
でも、一番辛くて悲しいのは災害地の皆さん。
私にできることといえば。
日本が少しでも早く元気を取り戻せるよう願いを込めて、
心も体も元気になれる美味しいご飯をご紹介させていただくことにしました。

今日のお昼ご飯は、常備菜のひじきと鶏もも肉の甘辛煮を
温かい白ご飯に混ぜから煎りした、粗挽き大豆と一緒に混ぜ込みました。
ひじきと鶏もも肉の甘辛煮は、細かく切った鶏もも肉をサラダ油で炒め
水で戻した芽ひじきも入れて馴染ませたら、
酒、みりん、醤油で水分が飛ぶまで中強火で一気に煮上げます。
時間がかかりすぎると、ひじきがクタクタになるのでご注意。
混ぜご飯はおむすびにして、冷えても美味しいです。
栄養もタンパク質、ミネラルともに豊富なので
きっときっと元気になれますよ。

器は黒木泰等さんの灰釉小鉢(2940円)。
飯碗にも良いサイズで軽くて丈夫です。
関連リンク
http://sizuku2518.exblog.jp/i3/4/

[PR]
# by sizuku-namidano | 2011-03-16 17:52 | オイシイモノ
f0165698_19182771.jpg
もうすぐお雛様。
子供の頃に作ってもらったちらし寿司は、いわゆる普通の「バラ寿司」でした。
関西では(たぶん)押し寿司文化が伝統的で、型にはまっていないから「バラバラ」の「バラ寿司」というんじゃないかと、勝手に考えています(笑)
その母のバラ寿司が自分にとってはスタンダードで、母のより甘い、とか母のより具が大きいとか。
ついついイチャモンをつけてしまいます(笑)
なので、私のちらし寿司はいつもアレンジ寿司。
今日は、白胡麻の入った酢飯に具をトッピング。
シャキッと茹でた菜の花、香ばしくから煎りした桜海老、ほんのり出汁風味の固めに煮た栗カボチャ。
菜の花の茹で汁は少しだけ塩を入れました。
かぼちゃの甘みが癖になる「ちらし寿司」です。

器はsizukuの「春宴展」にて、お取り扱いさせていただている川口武亮さん深めの鉢。
使いやすく、盛りやすい鉢で重宝します。
[PR]
# by sizuku-namidano | 2011-03-01 19:34 | オイシイモノ
いよいよ「春宴展」

今の私たちにできる精一杯のこと。皆様のお力添えでようやくカタチにすることができました。
器作家の協力を得て、普段sizukuではご覧いただけない作品も多数ご用意することができました。
ハレの日に使いたいスタイリッシュな大きな皿も、sizukuセレクトなら普段使いにも十分使い回していただけます。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

のちほど、sizukuブログで、準備風景をアップしますので、お楽しみに。
[PR]
# by sizuku-namidano | 2011-02-28 11:14 | オイシイモノ