古谷浩一さん 粉引片口大鉢

f0165698_12283540.jpg

前の記事ではサラダに使っていましたが、
今回はパスタに。
私一人分の明太子マヨスパゲティなので、微妙に量が少ないのは目をつぶってください(汗
ちょっと深めの鉢に盛るときは、料理の天が淵の高さギリギリか、
少し低めになるようにすると、見栄えがいいような気がします。
浅い鉢だと、淵より少し高めまで盛ったほうが美味しそうですよ。

そして、この器。
使えば使うほど、使いやすさに気がつきます。
まず、軽い。
そして口淵にポッタリと厚みがあるので持ちやすい=洗いやすい。
片口の部分にサーバー(デカフォークやデカスプーン)や箸をセットできるので、
ゴロゴロ転がらず、収まりがいい。
色味が穏やかなので、料理の色を選ばない。
たとえば、酢豚やゴロゴロした煮物や炊き合わせ。
ぶっかけ蕎麦や、パスタなどの麺類。
とろみのあるスープ類にもいいんじゃないかな。

やっぱり、器っていいですよね。
どうしても晩ごはんのメニューがいっこうに決まらない時期っていうのが
私にはちょくちょくやってくるのですが(笑)
新しい器の仲間がやってくると、
あれこれいろんなメニューが頭に浮かぶのです。

だから、また買ってもいいよね。
と、つぶやいておこう(笑)

古谷浩一さん 信楽陶芸の森 作家市にて
[PR]
by sizuku-namidano | 2010-05-07 12:48 | オキニイリ